前へ
次へ

営業支援システムって具体的に何をしてくれるの?

法人事業所で常時従業員を使用し、常時5人以上の従業員を使用している個人事業所は、健康保険の強制適用事業所となります。事業所が健康保険・厚生年金保険に適用されるときは、事実発生日から5日以内に新規適用届を所轄年金事務所に提出をします。新規適用届を提出する際には、添付書類が必要となります。法人事業所の場合は、法人登記簿謄本を、個人事業所の場合は、事業主の世帯全員の住民票が求められます。これらの書類は、提出日より2ヶ月以内のものを用意します。提出は所轄年金事務所の窓口のほか、郵送、電子申請でも受け付けています。新規適用届に加えて、被保険者資格取得届、被保険者に扶養家族がいる場合には被扶養者(異動)届、保険料口座振替納付申出書を提出します。

top用置換

top用置換2
Page Top